個人事業主・自営業編

【個人事業主編➀】年収600万計画ロードマップ 20代30代独立起業

個人事業主編#1

この記事でわかること

  • 個人事業主(自営業)になる為に考えること
  • 個人事業主の種類
  • 個人事業主で年収600万に必要な売り上げ

個人事業主(自営業)になる為に考えること

最初に考えるべきこと

自身の事業が繰り返し反復して売り上げを上げ続けることができる事業であるかです。事業を起こし一過性の利益を求めている人はいないと思います。全ての方が継続して事業を行うことを考えているはずです。一番大切なのは繰り返し反復して利益をだせるものであるかを考えて下さい。

繰り返し反復・継続して利益をだせるものかどうか

技術・商品・価格

個人事業主(自営業)として自身が顧客に提供する技術または商品はどうか考えて下さい。更にはその技術・商品の価格は適正かまたは高いか低いかが大切になってきます。技術にしても商品にしても品質が良いものは高く売れますし品質が低いものは安くなるでしょう。しかし品質が素晴らしく相場内の価格であれば売り上げは期待できますし、品質が普通であっても低価格であればこれも売り上げを期待することができます。客観的にみて品質と価格がイコールになるかどうか考えるべきです。

技術・商品の品質=価格

初期投資

事業を始める際に初期投資が必要な場合が多いと思います。初期投資は少なければ少ないほど良いですが自身の事業の利益を考えてどれくらいで返せるのか考えてみましょう。私の経験からですが初期投資を10年で返せる見込みがあるのであればギリギリだと考えています。

10年返済の場合

  • 初期投資1000万 年間返済約100万 月返済8.4万
    初期投資500万 年間返済約50万 月返済4.2万
    初期投資100万 年間返済約10万 月返済0.84万

理想は5年ほどで完済できると理想ですが10年計画で、返済が難しそうな場合は初期投資の金額を本当に大丈夫なのか考えてみる必要があります。

初期投資は少ないほど有利
初期投資に借り入れをする際は10年で返済できるか考える

個人事業主の種類

個人事業主の種類は大きくわけると2つです。

  1. 技術や商品制作スキルを学び地域や販売先を変えて独立する
  2. 今までにないサービス・商品を生み出す

技術や商品制作スキルを学び地域や販売先を変えて独立

技術や商品制作スキルを学び地域や販売先を変えて独立のが一般的な独立起業の仕方だと思います。よく街中で見るものの例を挙げると

  • 飲食店 居酒屋・レストラン・など
  • 美容室・理容室
  • 病院・接骨院・鍼灸院
  • コンビニ・ガソリンスタンド
  • 服飾関係
  • 士業 弁護士・税理士・司法書士・行政書士など
  • 中古車販売

上記ような仕事が当てはまります。細かいサービスや商品の違いは技術や商品制作スキルによって違いが生じそれにより人気店やそうではない店があります。状況によっては地域や販売先を変えずともうまいく場合もあるでしょう。
販売先を変えるというのは同じサービスや商品であってもターゲットを変更するということです。最近はCMなどでよく見るようになった男性のエステや男性化粧品などは同じエステ、同じ化粧品ですが女性ではなく男性にターゲットを変えることでうまくいっている例だと思います。同じ業種やサービスであっても地域や販売先を変えることで大きな利益を出せる可能性があります。自身のサービスや商品をどの地域の方のどの方に使ってもらえる可能性を全て感がえてみましょう。

地域や販売先を考えよう

今までにないサービス・商品を生み出す

今までにないサービス・商品を生み出すはかなり難易度が高いと思われます。地域や販売先を変える場合と違いアイデアと技術力や商品、全てが揃うことが必要になります。しかし今までにないサービス・商品を生み出すことができれば利益はとても大きくなります。最近で言うと日本ではユーグレナ、世界ではFacebook・InstagramなどのSNS。もう少し前で言うとGoogleなどの検索サイトなどがわかりやすいと思います。

個人事業主で年収600万に必要な売り上げ

これは業種による利益率にもよって異なりますが、600万~1000万ほどは必要だと考えます。固定費と変動費が少ない業種だと700万~800万ほどの売り上げで所得が600万くらいになると思います。変動費と固定費を簡単に説明しますと

  • 固定費=人件費・家賃など
  • 変動費=仕入れ費・移動の燃料費など

固定費も変動費も少なければ利益もでやすいので自身の仕事の固定費・変動費がどれくらい必要なのが個人事業主を始める前に知っておくだけでも個人事業主を始める時の売り上げや利益を考える際の助けになりますので簡単でもいいので固定費や変動費はいくらくらいになるのか計算しましょう。

まとめ

繰り返し反復・継続して利益をだせるものかどうか

技術・商品の品質=価格

初期投資は少ないほど有利
初期投資に借り入れをする際は10年で返済できるか考える

地域や販売先を考えよう

売り上げは800万以上を目指す

個人事業主(自営業)を始める前に最低でもこれだけは考えましょう。自身で仕事を始めると毎日仕事に追われてなかなか上記のようなことも考える時間がなかったり余裕がなくなったりします。

成果 ・準備・計画
ABOUT ME
360
年収600万計画・個人事業主・自営業・会社起業 Profile(プロフィール) このサイトの運営者の情報を記載しています。PAPA360(アカウントネーム)26歳で起業し現在10年目 株式会社設立後6年目 経営者(自営業) 地方の自営業でこれまでの経験や趣味のこれまでの経験などの情報を発信していきます。その手段として2021年4月よりブログやTwitterなどを始めました。おもに仕事関係の記事が多くなると思います。仕事関係では同じ年齢の方に比べたら多くの経験をしてきたと思います。借金や雇用、売上が上がらない、人が育たないなど自営業や会社をやる事について少なからずアドバイスできるかもしれません。そういう方はTwitterでDM下さい。