個人事業主・副業・会社起業関連

【個人事業主とフリー ランスの違い?】税金やメリット・デメリット解説

【個人事業主とフリー ランスの違い?】税金やメリット・デメリット解説

個人事業主とフリーランスの違い?税金やメリット・デメリット解説

コロナの影響からリモートワークなどの働き方が多くなってきている中でフリーランスという言葉を最近耳にするようになってきました。ではフリーランスとはどのような仕事の形態を指すのでしょうか?個人事業主とフリーランスとは違うのか?解説します。

個人事業主とフリーランスの違いは?

「個人事業主とフリーランス違いはありますか?」という質問に対する答えですが

フリーランスは個人事業主の中の一つです

個人事業主の中にも様々な職種があることは皆さんご存じだと思いますがフリーランスとは働き方であって税制上は個人事業主と同じになります。解説します。

フリーランスの定義

これは内閣官房の報道発表の中のフリーランスとして安心して働ける環境を整備するためのガイドラインに記載があります。

フリーランスの定義
「フリーランス」とは法令上の用語ではなく、定義は様々であるが、本ガイドラインにおける「フリーランス」とは、実店舗がなく、雇人もいない自営業主や一人社長であって、自身の経験や知識、スキルを活用して収入を得る者を指すこととする。

つまり実店舗がなく雇用している人が存在しない、1人でやっている個人事業主または1人社長で自身の経験や知識スキルを商品にしている人はフリーランスということになります。この多くの場合は1人で仕事を契約し行うことから個人事業主の場合がほとんどであることが考えられます。または法人化していて1人で業務を行っている1人社長もフリーランスだといえます。

フリーランスは働き方

フリーランスの定義では個人事業主であっても法人化していたとしても実店舗がなく雇用している人がいない状態で自身の経験や知識スキルを商品にしているのであればそれをフリーランスと呼んでよさそうです。

もし個人事業主と会社員・会社代表などの違いがわからない方は下記の記事を参考下さい。

 

フリーランスの税金

フリーランスの方の税金の仕組みは個人事業主の場合であれば

総収入金額ー必要経費=事業所得

上記のようになります。当然ですか個人事業主の他の職種の方と同じ方法です。

フリーランスで法人化している場合

自身が決めた給与

副業でフリーランスを行っている場合

年間の所得が20万と1円以上になった場合は申告が必要で自身の本業の総支給額などと副業の所得などから税金が計算されます。

フリーランス(個人事業主)のメリット・デメリット

メリット

時間の拘束から解放!

フリーランス(個人事業主)の方は会社と雇用契約を交わし何時から何時までの時間働いて下さい等の拘束を受けません。自身の行いたい時間や必要な時間に仕事を行い成果を出し報酬を得るというのがフリーランス(個人事業主)ですので時間に拘束されないメリットがあります。

売り上げから経費を差し引いたものは全て所得に!

フリーランス(個人事業主)は売り上げからその後、経費を引いたものが会社時代でいう総支給額になります。注)手取りではないので注意。その為会社員時代では会社の利益になっていた金額の部分も自分の総支給額に入ることになり基本は売り上げを発生させればさせるだけ所得アップが期待できます。

事業で必要なものは経費にできる!

会社員をやっていた時に仕事で必要なものを自分の手取りから買ったことはありませんか?フリーランス(個人事業主)では事業で必要なものは経費に算入できます。

国税庁経費に関するページ

業種によっては場所の拘束からも解放!

これは業種にもよりますが働く場所の拘束もなくなります。例えばPCを使い商品を納入する仕事などであれば自宅にいても仕事を十分にこなすことができます。

上司との人間関係からも解放!

フリーランス(個人事業主)は自身が代表または社長ですので上司との人間関係からも解放されます。今まで上司とうまが合わなかったり上司からのストレスを受けてきた方も多いとは思いますがこちらもなくなります。

デメリット

もちろんメリットがあるからにはデメリットも存在します。解説します。

長時間労働・休日が無い場合も

フリーランス(個人事業主)は売り上げがなければ暮らしてはいけませんので売り上げが少なければ自身で定めた休日にも業務をこなす必要があります。例えば納期がギリギリの案件を受注した場合や自身の生産性による業務の遅れなどです。自身で時間をコントロールできる代わりにコントロールを間違うと長時間労働や休日が無くなることもよくあると思います。

売り上げがなければ廃業・倒産

ご存じの通り、売り上げが発生しなければ廃業するなり倒産するしかなくなります。なのでフリーランス(個人事業主)で大切なのは絶対的に売り上げをあげる能力といかに生活水準を上げずに事業がうまくいくまで耐えれる能力があるかだと思います。

取引先が少ないと取引先との関係に左右される

フリーランス(個人事業主)は取引先が少ないと取引先との関係や取引先の業績などに自身の売り上げや自身の生活が左右される場合があります。できる限り取引先は複数もっておいた方が賢明です。株式の分散投資に似ています。

上司はいないのでアドバイスは見込めない

フリーランス(個人事業主)は自身が代表なので全て自身の裁量で仕事の受注や単価、方針などを決めることが可能ですが、自身が迷った時や困った時にアドバイスしてくれる上司はいません。同業の方でアドバイスしてくれる先輩などがいれば助かりますが同業の方は基本商売敵になりますので難しい場合も多いと思います。

まとめ

フリーランス(個人事業主)とはなにか?

  • フリーランスとは個人事業主か会社代表である
  • フリーランスの定義は実店舗がなく雇用している人が存在しない、1人でやっている個人事業主または1人社長で自身の経験や知識スキルを商品にしている人

フリーランス(個人事業主)のメリット

  • 時間の拘束から解放
  • 売り上げから経費を引いたものが所得に
  • 事業で必要なものは経費にできる
  • 業種によっては場所の拘束からも解放
  • 上司などの人間関係からも解放

フリーランス(個人事業主)のデメリット

  • 長時間労働・休日が無い場合もある
  • 売り上げがなければ廃業・倒産
  • 取引先が少ないと取引先との関係に左右される
  • 上司はいないのでアドバイスは見込めない
【個人事業主とフリー ランスの違い?】税金やメリット・デメリット解説
ABOUT ME
360
年収600万計画・個人事業主・自営業・会社起業 Profile(プロフィール) このサイトの運営者の情報を記載しています。PAPA360(アカウントネーム)26歳で起業し現在10年目 株式会社設立後6年目 経営者(自営業) 地方の自営業でこれまでの経験や趣味のこれまでの経験などの情報を発信していきます。その手段として2021年4月よりブログやTwitterなどを始めました。おもに仕事関係の記事が多くなると思います。仕事関係では同じ年齢の方に比べたら多くの経験をしてきたと思います。借金や雇用、売上が上がらない、人が育たないなど自営業や会社をやる事について少なからずアドバイスできるかもしれません。そういう方はTwitterでDM下さい。